―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 薬物療法を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

薬物療法を考える

肝硬変の治療を考える場合、薬物療法を取り入れるといった形も非常に有効です。

肝硬変での薬物療法では、肝ガンの発生率を抑えたり発症時期を遅らせたりする効果が期待出来ます。

効果的なものとしては、胆汁酸製剤・グリチルリチン製剤・肝臓加水分解物・肝臓抽出薬・漢方薬・ビタミン剤などが挙げられます。

これらを効果的に組み合わせながら服用することで効果が期待出来ます。さらに、静脈注射によって薬物を体内に取り込むといった方法も効果的です。

そしてこれらの薬物を摂取した場合、肝細胞の炎症や壊死状態を鎮めるAST(GOT)やALT(GPT)を基準値を多少超える辺りの値で保持することが可能です。

また、非代償性肝硬変の場合は、黄疸・浮腫・肝性脳症・腹水といった症状に対する薬物対症療法が必要となります。

この場合には、基本的に軽めの水分制限やタンパク質の摂取制限、食塩の摂取制限、安静臥床といった方法が有効だとされています。

そして、肝硬変で腹水や浮腫といった症状が出ている場合は、利尿薬を使うと効果的だといえます。

また、低アルブミン血症の影響により、利尿薬の効果が出ないといった場合は、アルブミン製剤を取り入れて血清アルブミン濃度を3g/dl以上にします。

さらに腹水の状態が、内科的治療でも緩和不可能な中等量以上になっている難治性腹水の状態ならば、いくつかの術式によって対処されることになります。

その術式は、腹腔頸静脈シャント術・腹水濾過濃縮再静注法・経頸静脈肝内門脈大循環シャント術といった方法になります。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.