―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 非代償性肝硬変の他覚症状を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

非代償性肝硬変の他覚症状を考える

非代償性肝硬変での他覚症状にはいくつかの症状があります。

そこでここでは、どういった症状があるのか考えてみることにしましょう。

●黄疸ビリルビンとよばれる色素が血液中に過剰増加してしまうことで、皮膚や白目の色が黄色くなってしまう症状です。また尿も黄色くなりますのでビールよりも濃い黄色なら白目部分が黄色くなっていないかどうかチェックしてみましょう。

●クモ状血管腫肩や胸、二の腕などに、クモが足を広げたときのような赤い模様が出る症状です。見た目には毛細血管がクモ状に広がって盛り上がって見えますが、血管腫自体が盛り上がっている状態ではありません。

●手掌紅斑手のひらの指や指の根元が赤くなってしまう症状です。この症状は、健康状態が良い人でも赤くなることがあるため、肝硬変かどうかを判断するのは難しいといえるでしょう。

●女性化乳房これは男性だけにみられる症状で女性ホルモンが異常な状態になることで引き起こされます。乳房や乳首が肥大化してしまい、衣服と擦れることで痛みを伴うこともあります。

●出血傾向血小板が減少してしまうことで出血の際に血が止まらなくなる症状です。通常血小板の数が10万以下になると、肝硬変の可能性が高まるとされています。

●腹部静脈の怒張おへそ周辺にある静脈が門脈圧亢進によって広がってしまうことで、お腹部分にミミズが這ったような模様が出る症状です。

このように非代償性肝硬変の他覚症状は様々ですから、しっかりと覚えておくようにしましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.