―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 代償性・非代償性肝硬変

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

代償性・非代償性肝硬変

肝硬変とよばれる病気は、代償性肝硬変といった症状と非代償性肝硬変といった症状の二種類に分けることが出来ます。

そこでここでは、これらの肝硬変の違いについて考えてみることにしましょう。

まず、代償性肝硬変とよばれるものは、自覚症状がほとんどないものとして知られています。

たとえ症状を感じることがあったとしても、非常に軽いものだといえるのです。また、代償性肝硬変は自覚症状がないだけでなく、血液生化学検査を行っても発見出来ないこともあります。

そして、偶然に発見される潜在性肝硬変が疑われるケースもあるのです。逆に非代償性肝硬変の場合は、肝機能障害の低下と共に肝臓の予備能力が失われてしまうことが考えられます。

非代償性肝硬変については、消化器症状というような全身症状を自覚しやすい傾向があります。これらの症状では、尿が濃い色になる、腹部膨満感、腹痛、悪心、嘔吐、全身倦怠感、脱力感、易疲労感などが主なものとして挙げられます。

そして、こういった症状がさらに悪化してしまうことで、続発症・合併症などが引き起こされる可能性が高まります。

そうなると、黄疸、肝性昏睡、腹水、吐血などの症状が出てくることになりますので、注意しておかなければなりません。

さらに、皮膚所見としては、女性化乳房、皮下出血、くも状血管腫、手掌紅斑、白色爪、太鼓ばち状指、出血傾向、皮膚の色素沈着なども挙げられます。

このように、肝硬変の診断基準として様々な症状が考えられることは、知っておくようにすると良いでしょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.