―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 食事療法を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

食事療法を考える

肝硬変の治療の一環として一般的に取り入れられるのが、食事療法といった方法です。そこでここでは、肝硬変の食事療法について考えてみることにしましょう。

まず、食事療法の基本としては、適正カロリーの摂取を心がけ良質なタンパク質をしっかり取り入れるということです。

そして、肝硬変の場合は代償期と非代償期に分かれますが、それぞれ食事療法の内容が異なるということは頭に入れておきましょう。

代償期の食事療法については、1日の摂取エネルギーは25-35kcal/kg/日で、タンパク質の摂取は1.0-1.2g/kgが理想的な数値となっています。

一方非代償期の食事療法は、「食事摂取不良による低栄養」「1-2度の肝性昏睡」「3-4度の肝性昏睡」という3パターンに分かれます。

食事摂取不良による低栄養では、エネルギーの摂取は35-40kcal/kg/日、タンパク質の摂取は1.5g/kg/日となります。

1-2度の肝性昏睡では、エネルギーの摂取は25-35kcal/kg/日、タンパク質は0.5g/kg/日から徐々に1.0-1.5g/kg/日へと増やしていきます。

3?4度の肝性昏睡では、エネルギーの摂取は25-35kcal/kg/日、タンパク質は0.5-1.2g/kg/日となり、BCAA高含有アミノ酸輸液も同時に投与します。

また、塩分摂取量については、代償期は7g/日以下、非代償期は5g/日以下に制限します。そして水分摂取量は、血清Na値が130mEq/l以下の場合、1リットル/日に制限されます。

さらに、肝硬変により食道静脈瘤や消化性潰瘍の症状がある場合は、アルコールの摂取は厳禁となりますので注意しましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.