―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 抗ウイルス療法

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

抗ウイルス療法

肝硬変の種類にはウイルス性肝硬変とよばれる症状もありますが、この場合は一般的に抗ウイルス療法が用いられることになります。

まず、C型肝硬変でも腹水・肝性脳症・門脈圧亢進などが認められない代償性肝硬変の場合は、インターフェロンが取り入れられます。

そして、非代償性B型肝硬変の場合は、核酸アナログ製剤が選択されることになります。

このように、抗ウイルス療法を取り入れることによって、肝硬変に影響を及ぼしているウイルスに対して効果的な成果を上げることが可能です。

ウイルスの撃退・駆除をして、数自体を減らしていくようにすると、AST(GOT)やALT(GPT)の数値を正常な状態に戻すことが出来ます。

また、肝組織学的にも良好となり、肝細胞ガンの発症率も抑えられるようになります。そして、非代償性肝硬変については、まず代償性肝硬変の状態にまで回復させることが最も重要な治療法といえます。

その上、治療に関しては、肝発ガンの予防も非常に重要となりますので、同時に進めていくことが大切です。

また、C型肝硬変の場合はインターフェロン治療が取り入れられますが、その際には気をつけておきたいポイントがあります。

C型肝硬変の場合は、慢性肝炎よりも非効率で、副作用の危険性や治療脱落率が高く、費用対効果が悪いといえるのです。

しかしながら、必ずしも十分な効果が得られないわけではなく、改善効果が得られるケースもあります。このように、ウイルス性の肝硬変では、抗ウイルス療法が効果的だとされていますので、取り入れてみると良いでしょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.