―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 原発性胆汁性肝硬変を診断するには

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

原発性胆汁性肝硬変を診断するには

原発性胆汁性肝硬変の診断方法について、ここで簡単に紹介しておきましょう。

まず、原発性胆汁性肝硬変が発症した場合、触診により肝臓の腫れが確認出来る患者が約50%、脾臓の腫大が確認出来る患者が約25%だといわれています。

そして症状が悪化するにつれて、肝臓は少しずつ縮小していくことになります。

さらに、約15%の患者には黄色の沈着物がみられ、皮膚が黄色くなる症状ならば「黄色腫」、まぶたが黄色くなる症状ならば「黄色板症」とよばれます。

また、約10%の患者には皮膚の色素沈着の症状がみられます。

初期の段階で黄疸がみられる患者は10%以下となっていますが、黄疸が発生することによって肝硬変の状態は急激に悪化しはじめるとされています。

そして患者の約50%は、症状がみられる前の血液検査の段階で異常がみつかります。

このように、早期に発見出来る病気でもありますから、黄疸や肝機能検査値に異常がみつかったら出来るだけ早くしっかりとした検査を受けるようにしましょう。

超音波検査や胆管系MRI検査などを受けることで、肝臓の胆管部分に異常がないかどうか、閉塞していなかどうかを確認することが出来ます。

こういった検査を受けて、肝臓の胆管に閉塞がなく肝臓内部に異常がみつかった場合は、原発性胆汁性肝硬変の可能性が高いといえるのです。

また、検査によりミトコンドリアの抗体が検出された場合も、病気の可能性があると考えられます。

これらの診断は、肝生検により正確な情報を得ることが出来ますので、少しでも異常がみられる場合は精密検査を受けてみることが大切です。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.