―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 原発性胆汁性肝硬変の治療

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

原発性胆汁性肝硬変の治療

原発性胆汁性肝硬変の治療を進めるには、どういった治療方法が考えられるのでしょうか。

ただ、肝硬変という病気は、一度発症すると完治は無理だとされている病気ですから、原発性胆汁性肝硬変の場合も完全に治療する方法は存在しません。

ですが、症状の進行を出来る限り抑え状態を良好にすることは出来ますので、可能な限りの治療は続けていくようにしましょう。

まず、原発性胆汁性肝硬変の初期症状としては、「かゆみ」といった症状が挙げられます。このかゆみ症状を抑えるには、コレスチラミンとよばれる薬が効果的だとされています。

そして、肝硬変により胆汁が減少してしまうと、腸から脂溶性の栄養分を吸収出来ない状態になります。

そのため、ビタミンA・D・K、カルシウムなどの栄養分を、水溶性の形で取り入れることが重要となるのです。

また、原発性胆汁性肝硬変を完全に治療する薬はありませんが、症状自体の進行を遅らせる薬はあります。その薬は「ウルソデオキシコール酸」とよばれるもので、肝硬変の症状悪化を抑える働きがあるとされています。

そして、薬の場合は副作用の心配がつきまといますが、このウルソデオキシコール酸の場合は副作用の心配はほとんどないといえます。

ただ、これらの治療法では状態の大幅な改善は見込めませんので、原発性胆汁性肝硬変が悪化した場合には肝移植などの選択肢も検討してみましょう。

このように、原発性胆汁性肝硬変の治療法としては、いくつかの方法がありますので、自分に合った治療法を試してみると良いでしょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.