―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 血液検査の項目

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

血液検査の項目

肝硬変の状態を検査する場合いくつかの方法が考えられますが、ここでは血液検査を行う場合についてみていくことにしましょう。

肝硬変の血液検査では、項目ごとの数値をチェックしながら診断されることになります。

血液検査の項目には、アルブミン値・血小板・コリンエステラーゼ・プロトロンビン時間・アンモニア・総ビリルビンといったものがあります。

まずアルブミン値というのは、肝臓で生成されるタンパク質の値ですが、肝硬変が発生すると3.5g/dl以下の値になってしまいます。

続いて血小板は、止血の働きがある血球のことを指し、肝硬変になると数値が10万/mm3以下にまで落ちるとされています。そして、コリンエステラーゼというのも肝臓内で生成されるタンパク質で、肝硬変になると数値が落ちてしまいます。

次のプロトロンビン時間というのは、血液が固まるまでの時間を指すものです。肝硬変が引き起こされると、血液凝固因子が通常よりも減少してしまうため、プロトロンビン時間が長くなる傾向があります。

そしてアンモニアに関しては、腸内細菌によって生成されるものですが、肝硬変が引き起こされることで分解効率が落ち血中に多く含まれる状態となります。

最後の総ビリルビンは、黄疸の数値を示すものです。肝硬変が発症すると、1.2mg/dl以上に数値が上がるとされています。

このように、肝硬変の血液検査では様々な項目ごとのチェックが必要になります。それぞれの項目チェックは非常に重要なものですから、全ての項目をしっかりとチェックしておくようにしましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.