―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝硬変患者への生活指導

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝硬変患者への生活指導

肝硬変は、代償性肝硬変と非代償性肝硬変に分類されますが、肝硬変患者に対してはどちらのケースでも生活指導を行い、状態の改善を目指すことになります。

そこでここでは、代償性肝硬変の患者に対して行われる生活指導について、どういったものなのか紹介しておくことにしましょう。

まず代償性肝硬変の患者への生活指導としては、日常生活を過ごす上での基本的な考え方や意識の持ち方が指導されます。

こういった生活指導は、普段の日常生活をなるべく規制しないような形で行われる場合がほとんどです。代償性肝硬変の生活指導と聞くと、厳しい制限があるようなイメージですが実際はそれほど厳しい制限ということはないのです。

ただし代償性肝硬変の生活指導の場合、仕事に関しての制限はある程度行われることを覚悟しておかなければなりません。

仕事に関しての制限というのは、基本的にデスクワークを主体とした仕事をするように指導されることです。

さらに肉体労働や深夜帯の長時間労働なども、生活指導として制限され禁止となります。そういったことから、肉体労働や夜間の仕事をしている人は、仕事のスタイルを変える必要があるのです。

また、仕事内容の見直し以外には、日頃の運動に関する制限もされることになります。

ただ運動制限といっても、全ての運動が禁止といったような厳しいものではありません。

翌日に疲れが残ってしまうようなハードな運動などが制限されるだけですので、体力やQOLを維持するための適度な運動に関しては全く問題ありません。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.