―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝硬変を診断するには

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝硬変を診断するには

肝硬変という病気は、どのような形で診断されるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。そこでここでは、肝硬変の診断方法について紹介しておくことにしましょう。

●問診肝硬変の問診時には、自覚症状があるかどうか、飲酒するかどうか、輸血によってウイルス性肝炎にかかった経験があるかどうかなどが問われます。

●身体所見黄疸・クモ状血管腫・腹水といった症状が出ているかどうかをチェックします。その際、腹部触診を行い違和感を感じるといった場合は、肝硬変の疑いがあるといえます。

●血液検査血液検査で肝硬変かどうかの診断をする場合は、GOTとGPTを比較してどちらが高くなっているかが重要です。健康的な状態ならば、GPTのほうがGOTよりも高い数値となりますので、その差をチェックすることで肝硬変の進行状態を判断することが可能です。

●画像診断超音波・CT・MRIなどの画像診断機器を使って肝硬変の状態を診断します。これにより、肝臓表面の状態や腹水のチェックも行うことが出来ます。

●腹腔鏡検査肝硬変での腹腔鏡検査では、腹腔鏡を直接腹部に挿入することによって肝臓の表面状態を検査することになります。さらに、病理学的診断が必要だと判断された場合は、肝生検で患部の組織を採取しての精密検査が行われます。

■まとめ肝硬変の診断を行う場合、通常は上記のような血液検査や画像診断などで診断が行われます。ただ、確定診断を行う場合は、腹部に小さな穴をあけて金属管を挿入し、直接肝臓を診断する腹腔鏡検査によって肝組織検査も行われます。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.