―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝硬変の安静度を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝硬変の安静度を考える

肝硬変という病気が発症すると、倦怠感を感じるようになるといわれています。

こういった肝硬変による倦怠感がある場合は、出来るだけ安静にして過ごすことが大切です。

また、肝硬変の症状としては、黄疸・浮腫・腹水といったものがありますが、これらの症状も安静を保つことが有効だとされています。

このように肝硬変の状態を安定させるためには、安静度というのが重要になりますのでここで少し考えてみることにしましょう。

まず安静を考える上で重要なものとして睡眠時間が挙げられます。理想の睡眠時間としては8時間程度が必要だとされていますので、しっかりと確保するようにしましょう。また、食後は30分程度の休息をとり、安静な状態を保つことが大切です。

他には肉体労働や夜間勤務を避け、運動をする場合も医師に相談してから行うようにしましょう。そして旅行などに行くといった場合も、医師と相談してから決めるようにすることが大切です。

ただしこういった運動制限は、肝硬変による倦怠感などが引き起こされていない状態ならば、制限する必要はありません。また、運動を控えて安静にしておくことは大切ですが、全く運動をしない状態だと脳症につながる場合もあるので、適度な運動は取り入れましょう。

とはいえ大量に汗をかくような運動や仕事は禁止となります。こういった大量の発汗は、脱水につながり肝性脳症や肝不全を引き起こすきっかけとなるからです。

ですからもし大量の汗をかくようなことがあれば、しっかりと水分補給をして脱水状態にならないようケアしておく必要があります。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.