―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝硬変での死亡原因

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝硬変での死亡原因

肝硬変という病気は、症状が進行して悪化すると命の危険もある病気だとされています。

そこでここでは肝硬変での死亡原因の高い病気について、考えてみることにしましょう。

まず死亡率の高い病気としては、1位が肝ガン、2位が肝不全、3位が食道静脈瘤の破裂による消化管出血となっています。

ただ順位的にはこのような順番になっていますが、割合からみた場合は肝ガンの死亡率が圧倒的に高いといえます。

割合で示すと肝ガンの割合が70%、肺不全が20%、食道静脈瘤の破裂による消化管出血が5%という値になります。こういった数値は抗生剤・利尿薬の開発導入、栄養療法・食道静脈瘤の内視鏡的治療の発展などが理由として考えられます。

他にもアルブミン製剤による消化管出血死や感染死の減少なども大きな理由となっているようです。

そして肝硬変での生存率アップは高齢化にもつながり、それにより発症率は上がってしまう結果となります。また肝細胞ガンの場合は慢性肝炎を引き起こしやすく、肝硬変は前ガン病変の認識も出来ることから、超高危険群に分類されています。肝硬変での肝細胞ガンの発ガン率は、年間約7%だといわれています。

そのため肝硬変の疑いがあるという人は、早期発見をするためにも出来るだけ早く病院で検査を受けておくことが重要です。

病院での肝硬変検査ではまず一般肝機能検査から始まり超音波検査、腫瘍マーカーの測定、腹部CT検査などが挙げられます。

少しでも不安があるといった場合は、出来るだけ早めに検査を受けるようにしましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.