―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝移植による治療

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝移植による治療

肝硬変という病気は一度発症すると完治することのない病気だとされていますが、肝移植を行うことで症状の改善を目指すことが可能です。

肝移植はB型肝硬変・C型肝硬変・肝ガンなどの患者が選択する治療法の一つだといえます。

こういった肝硬変による肝移植は平成16年に肝移植対象疾患患者への保険適応範囲が見直されたことにより、一般的に広まったとされています。

日本国内における肝硬変の肝移植に関しては、末期の肝不全状態と診断された患者のみが適応範囲で、判定基準としてMELDスコアが15以上と定められています。

そして肝移植が行われる場合でも、そのほとんどが生体部分肝移植となり脳死移植といったケースは非常に少ないのが現状です。

ただし米国の場合は、生体部分肝移植よりも脳死肝移植のほうが多くなっているようです。また肝移植に関して問題となるのは、移植後の状態が安定しているかどうかということです。

これについてはB型肝硬変に比べてC型肝硬変のほうが、予後の状態が悪い傾向にあります。そして実際に肝移植を行う場合移植後に最も注意しなければならない点は、抗ウイルス療法をしっかりと行うことだとされています。

さらに移植後の問題では体の拒絶反応ということも挙げられます。

こういった肝硬変による肝移植の拒絶反応に関しては、通常薬物による処置が行われることになります。

その際に使用される薬物は免疫抑制薬とよばれるもので、一般的によく利用される薬としては「タクロリムス」とよばれる薬物が挙げられます。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.