―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 画像診断の種類

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

画像診断の種類

肝硬変の検査をする場合、非常に効果的に症状を診断する方法としては画像診断が挙げられます。

そこでここでは、肝硬変の検査で利用される画像診断について考えてみることにしましょう。

まず診断方法の種類としては、「腹部超音波」「腹部CTスキャン」「腹腔鏡」「肝生検」といった方法があります。腹部超音波という診断法では、腹水が存在するのかどうかをチェックすることと、脾臓腫大に関する間接的診断が主な目的となります。

そして、肝硬変の症状が進んでいる場合は、表面部分の凸凹状態をチェックすることが可能です。

ただ、超音波検査だけで肝硬変の進行状態を全て把握するのは困難だといわれています。次に腹部CTスキャンですが、こちらの方法も腹水や脾臓腫大が発生しているかどうかの検査となります。

そして、腹部超音波と同様にCTスキャン検査の場合も、この検査だけでは正確な肝硬変の診断は出来ません。続いて腹腔鏡検査ですが、この検査を取り入れることで肝臓の状態を直接的に肉眼でチェックすることが可能となります。

そうすることで、肝硬変の症状をより正確に見極めることが出来るようになるわけです。最後に肝生検というのは、専用の針を使って肝臓の一部を採取し、顕微鏡で肝細胞の状態を検査するといった方法です。

この方法では、顕微鏡で細かく検査することが可能となりますので、肝硬変の診断方法としては非常に有効だといえるでしょう。

このように、肝硬変の診断方法として様々なやり方があるということは、覚えておくようにしましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.