―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 飲酒と肝硬変

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

飲酒と肝硬変

普段からお酒を飲みすぎる傾向がある人は、アルコール性肝障害になる危険性が高いといえます。このアルコール性肝障害は、大きく分類すると「脂肪肝」「アルコール性肝炎」「肝硬変」の3つに分けられます。まず、脂肪肝の症状はあまり強いものではありませんが、3割程度の患者には肝臓の腫大が起こり触ると痛みが出る場合があります。アルコール性肝炎の場合は、黄疸、発熱、白血球の増加、肝臓の圧痛・疼痛・腫大、皮膚上にはクモ状静脈の症状が発生しやすくなります。そして肝硬変の場合も、アルコール性肝炎とほぼ同様の症状が発生することになります。他にも、脾臓の増大、門脈圧の上昇、腹水、意識障害、肝不全からの腎不全、肝臓ガンといった合併症の危険が考えられます。

また、脂肪肝・アルコール性肝炎・肝硬変いずれかのアルコール性肝障害の症状があるにもかかわらずお酒を飲み続けていると、命の危険につながることもあります。

ですから、まずはお酒を止めることを考えるようにしましょう。

このようにお酒を断つことで、肝障害の機能が回復するケースもあります。

ただし、お酒を飲まなくなったとしても、肝硬変で繊維化してしまった肝臓の状態は元通りに戻ることはありません。

ですが、お酒を断った人の場合飲み続けている人よりも寿命が長くなるとされていますので、

禁酒をすることにも大きな意味があるのです。

アルコール性肝炎の症状を改善するためには、お酒を止めることが一番の治療法となりますから、是非禁酒に挑戦してみることをお勧めします。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.