―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝性脳症

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝性脳症

肝硬変が発症した場合、合併症として肝性脳症が引き起こされるケースが多々あります。

肝性脳症というのは、アンモニアなどの老廃物が血中に溜まり、脳機能が低下することにより発生する症状だとされています。

そして肝性脳症の場合、意識障害が進行すると肝性昏睡という症状が出るようになります。

他にも、知能が低下したり性格が変わるといった症状が出ます。また、肝性脳症は1度?5度に分類されますので、それぞれの状態についてここで紹介しておきましょう。

1度...最も軽度な障害のため非常に分かりづらい。昼夜逆転といった症状がみられる。

2度...判断力の低下がみられる。人や場所についての認識力が低下し間違いが多くなる。

3度...錯乱状態となり混迷を招きやすい状態になる。

4度・5度...意識を失うほどのダメージを受ける。

肝硬変の合併症として脳症が発症すると、こういった症状が出てくることになるので、しっかりと予防しておくことが大切です。

肝硬変の予防法としては、風邪などの感染症に気をつけることや便秘に注意すること、手洗いやうがいを欠かさないことなどが挙げられます。また予防的治療では、高アンモニア血症の予防、特殊組成アミノ酸製剤の使用なども効果的です。

他には、便秘を防ぐために非吸収性抗生剤や合成二糖類の使用、浣腸や下剤などの利用で便秘を防ぐなどの方法が、治療に有効だといえます。

こういった治療を行うことで、消化管出血や低カリウム血症によるアルカローシス、高タンパク質、向精神薬誘因などを排除することが大切なのです。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.