―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 肝硬変の発症原因を考える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

肝硬変の発症原因を考える

肝硬変という肝臓の病気は、どういったことが原因で発症するのでしょうか。

主な原因としては、うっ血性、胆汁うっ滞性、栄養・代謝障害性、感染症、ウイルス性、自己免疫性、薬剤・毒物性、アルコール性などが挙げられます。

また、肝硬変と聞くと、お酒の飲み過ぎで引き起こされる病気だとイメージする人も多くいらっしゃるでしょう。

ですが、その認識は必ずしも正しいものではありません。

たしかに、肝硬変になる原因としてアルコールがきっかけになることはありますが、その他にも多くの原因があります。そして、アルコールによる肝硬変の発症は、一番の原因ではないのです。

肝硬変の原因として一番多いとされているのは、C型肝炎ウイルスによるものだとされ、アルコールは二番目の原因となっています。

さらに、C型肝炎ウイルスとアルコールは、一番目、二番目となっていますが、割合からみると大きな差があります。

その割合は、C型肝炎ウイルスは約60%、アルコールの場合は約10%となっています。このように、肝硬変になる原因としては、アルコールと比べてC型肝炎ウイルスのほうが圧倒的に高いといえるのです。

そのため、肝硬変の原因として一般的に考えられているお酒の飲み過ぎというのは、正しい情報だとはいえないでしょう。

さらに、C型肝炎ウイルス以外には、B型、非B非C型、特殊型などの原因も高い数値となっています。このように肝硬変の原因としては、お酒の飲み過ぎということではなく、肝炎ウイルスによる影響が大きいということは頭に入れておきましょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.