―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 合併症による肝ガン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

合併症による肝ガン

肝硬変の合併症として多くみられるのが「肝ガン」です。

肝ガンというのは、肝硬変の合併症の中でも特に注意するべき病気で、死亡原因としても一番多いものだとされています。

そして、肝硬変の合併症での肝ガンを予防するには、早期発見・早期治療が一番大切だといえます。

そのためには、まず定期的に各種検査を受けるようにして、しっかりと自己健康管理をしておくことが肝心です。

こういった肝硬変の合併症による肝ガンの検査では一般的な肝機能検査の他に、腹部CT検査や超音波検査、腫瘍マーカー測定検査などがあります。そして合併症による肝ガンが発症した場合の治療方法は、患者の状態によって変化します。まず、肝臓が持つ予備能力がどの程度なのか、肝臓内に腫瘍がどの程度占拠している状態なのかをチェックしておく必要があります。

また、合併症による肝ガンの場合、現在はどういった治療法が選択されているのでしょうか。

代表的なものでは、ラジオ波焼灼療法(RFA)・経皮的マイクロ波凝固療法(PMCT)・経肝動脈塞栓術(TAE)・肝腫瘍内エタノール局注療法(PEIT)などが挙げられます。

他にも、リザーバー留置での抗ガン薬動注化学療法なども有効な肝ガン治療法として知られています。

そして進行肝ガンの場合は、インターフェロンの全身投与と同時にフルオロウラシル(5-FU)の肝動注療法を取り入れる治療法が一般的です。

こういった治療により、肝ガンの状態を良い方向に導くことが出来ますので知識の一つとして覚えておくと良いでしょう。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.