―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ > 原発性胆汁性肝硬変

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

原発性胆汁性肝硬変

肝硬変の種類の一つに原発性胆汁性肝硬変とよばれる症状がありますが、ここではこの原発性胆汁性肝硬変について紹介しておくことにしましょう。

まず、原発性胆汁性肝硬変では、肝臓の胆管部分に炎症が発生します。また、繊維化・瘢痕形成・胆管の閉塞といった症状がみられることになります。

この原発性胆汁性肝硬変は、35-60歳の女性に多くみられる症状ですが、これら以外の年齢層でも引き起こされる可能性は十分にあります。

さらに、女性だけでなく男性の場合でも原発性胆汁性肝硬変が発症する可能性がありますので、十分注意しておく必要があるでしょう。

そして、原発性胆汁性肝硬変の原因は未だ完全に解明されていませんが、自己免疫反応がきっかけとなり免疫システムが攻撃を加えるのではないかとされています。また、原発性胆汁性肝硬変は、様々な症状を引き起こすとされます。

その症状というのは、関節リウマチや強皮症、自己免疫性甲状腺炎といったものが考えられます。そして、原発性胆汁性肝硬変は肝臓内の胆管のみに起こる症状のため、原発性硬化性胆管炎とは異なる症状となります。

また、原発性胆汁性肝硬変の場合は、胆管内に炎症が起こるといった特徴を持っています。

このように炎症が引き起こされることで、肝臓から外部に流れる胆汁が抑えられ、肝細胞内に胆汁が溜まったり血液中に混入する場合もあります。

さらに、肝臓以外の部位にまで炎症が及ぶこともあり、肝臓に格子状の瘢痕組織が広がってしまうケースもありますので、十分な注意が必要だといえます。

関連記事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.