―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

肝硬変の症状と対策

肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。肝硬変は沈黙の臓器、肝臓の病気で、知らぬ間に命に係わる病気になってしまう可能性があります。肝硬変への正しい知識を持ち、対応手段を持てるようにしておきましょう。知っているか人生に大きな違いが出てくるかと思います。
トップページ >

ページの先頭へ

肝硬変について

肝臓は体の中でもトラブルを引き起こしやすい器官だとされていますが、

ここでは肝硬変とはどういった病気なのか考えてみることにしましょう。

まず、肝臓で起こるトラブルとしては、

B型肝炎ウイルス感染、C型肝炎ウイルス感染、アルコール性脂肪性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎

などが挙げられます。

そして、これらのトラブルを解消するために、肝臓内ではタンパク質の繊維が作られることになります。

このタンパク質の繊維は、一般的にコラーゲンとよばれているもので、

増加しすぎて硬くなると岩のような塊になってしまいます。

肝硬変という病気は、このようにタンパク質の繊維が固まって肝臓が縮小してしまっている状態を指します。

顕微鏡などでみると、肝臓の細胞に繊維が固まっている様子が分かり、肝臓全体が硬い状態となります。

また肝硬変が発症すると、肝臓内部の血液状態に異常が起こり肝機能が正常に働かなくなるとされています。

そして、肝臓が硬くなることで「腹水」や「食道静脈瘤」、

肝機能の低下によっては「肝性脳症」や「黄疸」といった症状がみられるようになります。

こういった肝硬変の症状は、初期段階では大したことはありませんが、

進行期に入ると様々な症状が出てくるようになるため注意が必要です。

また、肝硬変というのは肝臓の病気というより全身疾患の一種だと考えておくほうが良いでしょう。

そして、肝炎というのは可逆的であるため、改善の余地があるとされていますが、肝硬変の場合は非可逆的のため完全に元の状態には戻らないとされています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright (c) 2014 肝硬変の症状と対策 All rights reserved.